水道リフォームのおすすめの業者は?

水道のリフォームを考えた時、「水道のリフォームっていくらぐらいかかるの?」「水道リフォームの適正価格を知りたい!」「悪徳業者とは一切関わりたくない!」

 

こういった方が大半を占めると思います。

 

その中でも

 

「すぐに複数のリフォーム業者と交渉したい!」

 

あるいは、

 

「匿名でとりあえずリフォーム業者の概算価格を知りたい!」

 

という方がいらっしゃるとおもいます。

 

どちらの方でも無料で活用できるリフォーム業者の一括見積もりサービスをご紹介します。ぜひご自身に合ったサービスを活用してみてください。

 

また、できるだけ沢山のリフォーム業者の料金を比較したい方は、両方のサービスに登録すると、より効率的に比較検討できるのでおすすめです。

 

今スグ交渉したい!! 匿名で概算を知りたい

リショップナビ一括見積もり
→完全無料で30秒入力

リノコ相場
→完全無料で10秒入力

リフォーム住宅の水道工事内容

水道リフォーム依頼

 

リフォームとは住宅の改築や改装のことであり、通常は経年の使用により劣化した住宅を対象として、美観や使いやすさなどの改善を目的に行われます。水道リフォームでは間取りの変更やバリアフリー化などの作業が行われますが、さらに住宅の中で特に痛みが生じやすい水回りの手入れが行われることが多いようです。リフォームの対象となる水回りの箇所としては、キッチン・浴室・トイレなどがあげられます。水回りについては通常の改装工事に加えて、さらに水道工事が必要になります。

 

キッチンのリフォームではキッチン本体(シンク)や換気扇フードなどの交換作業が行われます。交換前のものと同じ規格のキッチン本体に取り換えるのであれば問題はありませんが、以前とは規格が異なるものに交換する場合やキッチン全体の設計を変更する場合などには、給水管や排水管を取り回すための水道工事が必要になります。特に配管の施工のために床の張替えが必要な場合には、工事にはある程度の時間と費用がかかるようです。

 

浴室のリフォームでは浴槽のみやユニットバスを交換する場合には比較的短期間の簡便な工事で作業は完了しますが、浴室全体のリフォームでは配管を作り直すことが必要になりますし、ボイラーなどの給湯設備の交換を伴う場合などもありますので、本格的な水道工事が必要だと考えてください。浴室全体の工事をする場合には長期間浴室が使えなくなりますので、銭湯などの活用を検討しましょう。トイレのリフォームではキッチンや浴室とは異なり、大掛かりな水道工事が必要になることは少ないようです。水洗用タンクの規格はある程度共通化されていますし、若干取り付けの位置が異なってもフレキシブルパイプなどで柔軟に対応することができます。ただしトイレ全体を作り変える大規模なリフォームの場合にはその限りではありませんので、詳しくはリフォーム業者や実際に工事を担当する水道業者に相談をしてみてください。

蛇口取り替えとは

水道リフォーム申込

 

これまで、水栓(蛇口)の取り替えと言えば水漏れなどの故障によることが専らでした。今ではDIYの一環で自分の好きなデザインの水栓に取り替える方も増えてきました。水栓の交換は難しいイメージをお持ちの方も少なくありませんが、交換用の道具はホームセンターなどでも揃いますし、手順を間違えなければ誰でもできます。

 

蛇口取り替えに必要なのは水栓の他にシールテープを準備します。シールテープもホームセンターなどで購入することが可能なもので、新しい水栓を取り付ける際に水漏れを防ぐパッキンとして利用します。また、作業をスムーズに進めるためにスパナとバケツ、タオルを準備すると良いでしょう。比較的新しい水栓であれば素手でも取り外したり取り付けたりすることも可能ですが、古いものだとサビついて取り外せないこともあります。ちなみに、水栓用の専用工具もありますがスパナを使うのであれば中型、もしくは大型のモンキーレンチが妥当です。

 

蛇口取り換え作業はまず元栓を閉じて水を止めることです。元栓は庭に「止水栓」 や「量水器」などと書かれた鉄板があると思います。これは蓋となっており、開けると中に元栓があります。マンションなどの集合住宅の場合は玄関付近に設置してあるでしょう。基本中の基本ですが、体験談としてよくこの作業を忘れて水が出てきた、または交換後に元栓を開けるのを忘れて水が出なかったというのが挙げられます。なお、普段出ている水の勢いは水栓によって弱くなっており、水栓を取り外した状態では普段より勢いよく水が出てくるので注意しましょう。素手、もしくはスパナなどの工具で古い水栓を取り外し、中のサビ汚れなどを取り除いてから新しいものと交換します。その際に中のネジ、特にメスネジを傷付けると水漏れの原因になります。準備しておいたシールテープを巻き込むことでメスネジを保護し、パッキンとして利用することができます。交換後、元栓を開けて水漏れが無いかを確認して取り替え作業は完了となります。

水道蛇口修理のサービスについて

水道リフォーム見積

 

家庭において厄介なトラブルというと水回りに係るものです。水道が出ない、詰まって流れない、水漏れがしているが原因がわからないといったトラブルです。自身で修理することは、かえって悪化させるのではと心配になります。いざ、水漏れなどの修理といってもどうしていいかわからず、ただうろたえるばかりです。たいていの家庭では、対処の仕方がわからないというのが現実です。

 

生活になくてはならないものの一つが水です。水道がストップすると真っ先に心配になるのがトイレです。水洗トイレは、水が流れないと悲惨な状態になります。水道のトラブル、特に配水管に原因があるような場合に素人での対処には限界があります。水道は、圧送管という圧力がかかった配管を通して家庭に供給されています。水道には専門の業者がいますので修理を依頼するのが自己判断で何とかしようとするより結果的には早く解決します。

 

水道のトラブルで多いのは水漏れです。たとえば、水道や蛇口の水漏れは軽度であっても、修理・交換を怠っているとしだいに水道代がかさんできます。水道蛇口修理が遅れるとしだいに水道代がかさんでくることがわかります。それどころか放っておいたことで後に大きなトラブルに巻き込まれることもあります。家庭で水漏れしている箇所があれば早めに破損個所の修理・部品の交換を専門業者にしてもらうことをお勧めします。むやみな修理や・部品交換は避けることが結局は費用をかけないで済むことだと考えてください。水道蛇口修理交換は、お客様と修理業者が交わす契約になります。同じ水道蛇口修理でも修理業者によって修理代はまちまちになります。なぜかといえば、水道専門でないリペア業者もいるからです。水道は、公共施設ですから水道管理の専門業者がいます。何社かに依頼して見積もりをとって納得のいく形で契約することが望ましいです。ただのパッキング交換のような軽微な工事でも蛇口を取り換えるような業者もありますので注意が必要です。

水道蛇口修理の料金相場

水道リフォーム一括見積

 

水道のトラブルは日常的にあるもの、何年も交換せずに蛇口を使い続けていればいずれ寿命は訪れます。交換する必要が生じたときでも自分で修理することは無理があることから、プロの水道業者に頼んだほうが良いでしょう。水道蛇口修理の業者は、水回りの関連業務をこなしている業者さんであれば、大体は簡単に対応してくれると思われます。蛇口からポタポタと水が漏れだしてきますと、水滴の多い少ないは別として、気になって落ち着きがなくなってしまいますから、一刻も早く修理をしてもらい、快適な水回りを回復させたいものです。

 

水道蛇口修理の料金相場に関しては、一社だけに頼むことはではなく、複数社から見積もりをとる、いわゆる相見積もりをとることが大事だと思います。蛇口修理の価格の構成は、蛇口本体の価格と修理の技術料、いわゆる取り付け工賃から成るのです。一般的な相場でいえば、蛇口本体の価格は安いものから21千円から25千円ぐらいまでの幅があるようで、取り付け工賃に関しては6千円台のサービス価格から15千円と比較的値がはるものまで蛇口本体と比較してみれば、値幅は結構大きいことがわかります。相見積もりをとるポイントは、技術料がいくらであるのか、その金額は許容範囲であるのかを見極めることではないでしょうか。3社以上の見積もりをとれば、会社ごとの技術料に対する考え方・方針がクリアーに出てくるように思われるのです。

 

相見積もりをとるということは、値下げ交渉のカードを手に入れたことと同じですが、値下げするにしても多額の値下げはできないように思われます。値下げできたとしても500円〜1,000円程度だと考えておいたほほうが良いでしょう。水道蛇口修理は、生活に密着した修理依頼でありますし、そんなに時間をかけてじっくりと業者選定をしていられる依頼ごとでもありません。相見積もりをしてみても、金額が無難な範囲であると判断されれば時間をかけずに選定する気持ちも大切になるのです。

水回りリフォームのポイント

水道リフォーム相場

 

水まわりをリフォームする際に真っ先に考えるのが浴室ですが、その理由は常にお湯を使用する環境下にあるので傷みやすい上に、蒸気も相まって年数の割に劣化が顕著になるためです。かつては日本家屋において浴室には必ず窓が設けられていましたが、ユニットバスの普及と防犯面の観点から撤廃されていました。

 

しかし、近年では再び浴室に窓を設けて明るくし爽やか印象をもたらす事が人気を集めており、リフォームの際にもこれまで壁であった箇所に窓を設ける要望が増えています。開閉可能な窓があれば、湿気が溜まりやすくカビが生えやすいという浴室ならではの問題を速やかに解消させられ長持ちさせる事が可能になる上に、日頃の掃除も楽になり負担が軽減できます。ただし、設置する窓の大きさには十分に注意する必要があり、周囲から見えないようにするのは絶対条件ですし、盲点になりやすいのは照明機器の位置です。

 

一見外部からは中が見えないのに、暗くなってから照明を点灯した途端見えてしまうといった事は稀有ではないので、大きさと共に照明機器の設置場所に関しても業者と相談してください。また、水まわりと言えばトイレも例外ではないのですが、ショールームで実際に便器を見たり便座に座ってみるのは良い選び方ではあるものの、ショールームで目にしたり触れて気に入ったからという理由だけで決めてしまうのは失敗の元です一目見た時に良い印象を受けたり、座った時に購入したいと感じる物はサイズが大きいという共通点があるため、契約したものの実際に自宅のトイレに導入してみると、極めて空間が狭くなってしまう事例は珍しくありません。同じく狭さが要因でリフォームする前よりも不便になってしまうのはキッチンでも起こり得るトラブルであり、憧れや見た目のみを優先して今までとは形状が違う物にすると、調理スペースが手狭になり以前より不便を覚えます。キッチンが手狭になると効率が悪くなるのみならず、鍋などに腕や手を引っ掛けて落下させてしまい、火傷や怪我をする原因になるので理想と現実を考えるようにしてください。